業者も対応してくれる野良猫のペット火葬と葬儀サービス

野良猫の遺体に遭遇したら!?適切な供養で猫を弔おう

道端で猫の遺体を見つけた~その時取るべき行動~

もしも道端で猫の遺体を見つけた場合、どのように対応・処置を行えば良いのでしょうか?その時に取るべき行動をご紹介します。

猫の遺体を見つけたら市役所へ連絡

子猫と聴診器

もしも猫の遺体を見つけた場合、動物の愛護及び管理に関する法律の中で「負傷動物等の発見者の通報措置」の条例に基づく行動をする必要があります。この法律では、屋内または屋外、公園・道路といった共有地、個人が所有している私有地など、様々な土地を問わず、犬や猫の遺体を発見した者は通報する必要があります。この時、もしも所有者が分かるような首輪などをしていて、その首輪に連絡先が記載されている時は、所有者に連絡をしましょう。また、野良だった場合は動物愛護センターへ連絡します。

野良猫だと確定した場合

野良猫だった場合、見つけた人はどのような対処をしたらいいですか?
飼い主が見つからない、もしくは野良猫と確定した場合は自治体(環境衛生課など)で火葬が行えるか確認しましょう。この時体を保冷剤などで冷やして腐敗を防ぐと綺麗な体で送り出せます。また、おやつやエサ、お花などがあればお供えしてあげましょう。ただし、注意点として、野良猫には皮膚病などの病気を持っているケースが多いです。そのため、扱いには注意が必要です。
市役所ではなくペット葬儀業者への火葬依頼は可能ですか?
ペット業者への火葬依頼は可能です。利用したことのあるペット葬儀業者がいればそこへお願いしても良いですし、もしそういった業者が分からなくても市役所で尋ねれば紹介してくれます。インターネットで調べることもできますが、たくさんありすぎてどこがいいのか比較している時間がない時は市役所に聞いた方が早く、地元で信頼できる業者を見つけられます。

野良猫でもペット火葬は可能~同じ命を弔ってあげる方法~

飼い猫ではなくてもペット火葬を執り行うことはできます。飼い猫も野良猫も言ってしまえば同じ生命を持った生き物です。ぜひ弔ってあげましょう。

野良猫のペット火葬

ペット火葬業者では、野良猫の場合であっても火葬が出来るように、野良猫用の火葬料金が設定されています。特に良心的な業者ではこのような設定を組んでいるところが多く見られます。野良猫火葬だと通常の合同葬よりも割引で行うことができるため、コストがかかりすぎて火葬をしてあげられない、といったこともありません。まずは野良猫用の料金設定がされているか調べてみましょう。

ペット葬儀業者の声

野良猫用のペット火葬プランがあります。(ペット葬儀業者)

地域猫や野良猫に対してのペット火葬プランもご用意しております。以前から地域猫・野良猫に関する活動を行っていく中で、葬儀をしてあげたいといった声をいただきました。そこで地域猫・野良猫用のプランを作りました。せめて最後の旅立ちの時だけでもいっぱいの愛情を与えられるように、スタッフ一同心を持ってお別れのお手伝いをさせていただきます。

動物を大事に思う気持ち

野良猫は常に外にいる状態なので飼い猫よりも事故・病気になる危険性は高いです。しかし、そんな野良猫の命も飼い猫と同じ1つの命です。もし、野良猫の遺体に遭遇したら、市役所やペット葬儀業者に連絡するようにしましょう。

TOPボタン